安定した発電のために!太陽光発電に必要なメンテナンスとは

発電パネルの清掃メンテナンスが大切

太陽光発電システムは、一度設置すればほとんど手を掛けずに発電が続けられます。しかし本来の発電能力を発揮させるためにはメンテナンスは必要です。もし太陽光パネルの表面にホコリやゴミが溜まっている場合には、清掃作業を行った方がいいですね。しかし屋根に太陽光パネルを設置している場合には高所作業となるため、業者に清掃を任せた方が安心です。プロに任せておけば、清掃中に発電パネルや屋根を傷めてしまう心配もありませんね。

発電パネルの定期点検で故障を予防

太陽光発電システムの故障を防ぐためには、定期的に点検を行った方が安心でしょう。故障の予兆を事前に察知できれば、重大な故障を防ぐことができますね。太陽光発電の点検は主に目視や測定作業によって行われます。作業員が発電パネルなどの設備を目で見てチェックし、腐食している部分はないかどうかやケーブルの緩みなどを確認します。また測定作業では、太陽光発電システムの電気抵抗を計測したりアースを確認して故障の有無を確認可能です。

太陽光発電システムがもしも故障した時の対処法

もし太陽光発電に異常が見つかった場合でも、修理業者に依頼すれば復旧が可能です。太陽光発電システムを購入する際には、メンテナンス契約を業者と交わすことも少なくありません。故障が起こった場合に連絡すれば修理に駆けつけてくれるでしょう。保証期間内であれば無償で修理を受けることも可能です。保証対象となる故障の条件は業者との契約によって異なるため、万が一の故障に備えて事前に保証範囲を理解しておいた方がいいでしょう。

太陽光発電の価格は売電価格が下がってきているのが実情ですが、設備価格も下がっており、地域により補助金も利用できます、売電価格と設備費&耐久年数、補助金を入れてシミレーションをする事がポイントです。