多くの会社が利用経験あり!テレアポ代行の概要と種類を知ろう

テレアポ代行は電話の営業代行サービスです

テレアポ代行とは、電話での営業活動ノウハウが無い新興企業、もしくは営業ノウハウは持ち合せているものの人手不足に陥ってしまっている企業などを手助けするサービスのことです。テレアポは電話のみを利用した営業ですから簡単と思ってしまいがちですよね?ですが本当はプロと素人の違いが大きく出てしまう分野。なぜなら声だけで相手の心情を揺り動かすことは、大変な技術を必要とするからなんですよ。このような事情から、プロのスタッフを擁するテレアポ代行業務は、常に安定した需要を誇っています。

成果報酬タイプのテレアポ代行って?

実際にアポイントを獲得出来た場合にのみ報酬が発生するテレアポ代行を、成果報酬タイプと呼びます。依頼主は成果に対してのみ報酬を支払えばいいわけですから、非常にローリスクで便利なタイプといえます。ただし代行会社が高いリスクを負うだけに1件あたりの報酬は総じて高めなんです。依頼主にとってはローリスクローリターン。代行会社にとってはハイリスクハイリターンなタイプと言えるでしょう。また、このタイプの代行においてはどんな会社でも依頼出来るわけではありません。アポイント獲得が困難だと思われる商品だと代行会社が判断した場合は断られることがあります。

コール課金タイプと呼ばれるテレアポ代行って?

代行会社のスタッフが電話を掛ける回数に応じて料金を支払うテレアポ代行を、コール課金タイプと呼びます。成果報酬型に比べると1回あたりの単価は格安ですが、着信先の対応が全く見込み無しだった場合でもカウントされてしまうので要注意。このような理由から、コール課金タイプのテレアポ代行は、かなり売れる見込みがある商品を抱えている企業に適しています。せっかく売れる商品を開発したのに営業マンが足りないという会社にぴったりなタイプのテレアポ代行と言えるでしょう。

テレアポ代行とは、テレフォンアポイントと呼ばれる電話を使った営業活動の一部もしくは全てを代行するサービスのことです。本業に力を入れたい企業や、人材の不足した企業などに適しています。