体重計もデザイン・機能ともバラエティ豊かな商品が豊富

高性能タイプはより精度up

体重計は、体水分率や体脂肪率などをより正確に計測できると、グリップをひっぱるタイプが一時期主流でした。しかし現代は、のるだけでこれらの計測ができ、しかも精度が高くなっています。1万円以上の上位機種では、体組成計で得たデータをBluetoothやWi-Fiでスマホへ送れるものもあります。アプリと併用し、体重を記録や管理を行ったり、歩数計や血圧計、睡眠計などの健康管理グッズと連動してデータを一括管理して、健康維持に役立てることができます。

スマホで健康管理ができる

体重や体脂肪などの変化を毎日記録しておきたいという人におすすめ。Bluetoothによって、ネット環境がなくてもスマホにデータが送られます。データ管理ができる公式アプリでは、目標体重を設定して現在の体重との差を表示することも可能です。メーカーの中には、独自の「筋肉点数」という項目が搭載されたものも。これは加齢や運動量の変化による筋肉の状態を知るのに役立ちます。日常的に運動を行う人は、その効果を数字で確認することができるためやる気につながります。

お年寄りにも使いやすい

5000円前後の低価格帯のものでも、ただ体重を測るだけでなく、体脂肪率や基礎代謝、体水分率などが測れる多機能な商品が増えています。またデザインや色もひと昔前より格段に豊富になっています。さらに、表示の液晶画面にまわりが薄暗くても見やすいバックライトを採用していたり、体重の増減を光や表示でわかるようにするなど、画面にさまざまな工夫が見られます。多機能だけどシンプル、文字も見やすいので高齢の方にもおすすめですよ。

プリント基板設計においてはノイズ対策が非常に重要です。何故ならノイズが多く発生してしまうと誤作動どころか製品が正常に作動しない恐れがあるためです。