早くて便利なバイク便とは?その特徴を知って有効活用しよう

そもそもバイク便ってなんなの?

バイク便は大都市で活躍する運送事業のひとつであり、発想から到着までが早いという特徴を持っています。日本においては東京や大阪での需要が高く、配達するのは主に書類や小さな荷物など。要はバイクで運べるくらいの大きさのものですね。最近は書類も電子化が進んでいることから需要が減っているという声もありますが、まだまだ電子化できない書類は多く一定の支持を得ています。いざという時に活躍する小さな巨人ともいえるでしょう。

到着までのスピードが早い

先ほど少し触れたようにバイク便は発送から到着までの時間が早いです。一般的な運送方法を利用した場合、東京都内から東京都内への発想であっても到着は基本的に翌日。これに対してバイク便であれば3時間程度で到着することもあります。渋滞の多いタイミングでもバイク便は車の横を抜けて進んでくれますからね。おそらく最速の輸送手段と言えるでしょう。今日中に何としても書類を取引先に送りたい時などは本当に重宝します。ただ、価格が高いというデメリットも忘れずに覚えておきましょう。

バイク便は価格が高いので利用は計画的に

バイク便は輸送が早い分だけ料金が高くなっています。一般的な配送方法であれば500円前後で送ることができるのに対し、バイク便は1kmあたり1050円前後と非常に割高。他の方法では実現できない配送スピードで届けてくれるので仕方ないとはいえ、そうやすやすと使える手段でもありません。どうしても急ぎの時はバイク便、翌日でも大丈夫な時には通常の配送方法など上手く使い分けてコストを抑えましょう。緊急時の選択として覚えておくと便利ですよ。

バイク便の求人は発送から到着までに数時間など、緊急の配達が求められる職種に多いです。日本では東京や大阪などの大都市部で特に需要があります。